プロフィール

たけ坊

理学療法士(修士)・エンジニア・投資家

医療系大学を卒業後に地域の中核病院に入職し4年間理学療法士として働きました。その病院では整形外科のみではなく、脳神経外科、内科、外科、小児科、ICUと様々な分野で経験し、理学療法士として基礎的な技術や知識を習得しました。

その後、大学院の医学系研究科へと進み、バイオメカニクスの研究に携わり、修士号(障害科学)を取得しました。在学中は研究としての知識だけではなく、プログラミング、動画編集、プレゼンテーション、コーチングといった学習に幅を持たせられる能力も身に着けることができました。

実は大学院在籍中にFXと出会いました。FXのトレードでは最大120万円もの損失を出しました。かなり落ち込みましたが、損失のある状態でもなんとか大学院を卒業することができました。そこから少しずつ勝てるようになり、大学院卒業後にFXで稼いだ資金で奨学金をすべて返すことができました。現在はトレードに集中することができないのでお休みにしています。

理学療法士は直接人から感謝されるとても素敵な職業です。しかし、近年の医療費削減に伴い、給料の向上の見込みは正直厳しい状況です。そのため、興味があり成長を続けるIT業界に挑戦し、エンジニアとしての道を進むことに決めました。FXを行っていたのも安定してお金を供給する手段の一つとなるためでした。

今後の目標はエンジニアとしてのキャリアを積むと共に地域(館林)でのコミュニティーを作ることです。自分自身が様々な経験をしてきたことを伝えたり、あるいは他の人が経験した出来事を共有できるような環境を生み出すことができればうれしいと考えています。応援していただけるととてもうれしいです。

このブログを管理するにあたり、自分にとってのメリットはアウトプットすることで臨床やプログラミング、FXの整理ができることです。このサイトの記事を読むことのメリットはリハビリテーションやプログラミング、投資に理解を持ち、少しでも充実した生活ができるための知識を付けることができることです。

win-winの関係ができるようお互いを高めていきましょう!

この記事を書いた人

地域の中核病院で理学療法士として4年間勤務。大学院に入学・修了し障害科学の学位を授与。スポーツ整形外科に3年間勤務。2024年4月からはインフラエンジニアとして新しいキャリアをスタートさせた。目標は館林でのコミュニティーづくり!

たけ坊をフォローする
シェアする
たけ坊をフォローする
元理学療法士エンジニアの館林コミュニティ日記
タイトルとURLをコピーしました